音楽からホームページまで出来るインターネット│エンジョイネット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Web search box

逆SEOを知る

逆SEOの今後について

最近では、SEO対策の逆で、指定したURLを検索結果でも後方に表示するという物で悪評や名誉侵害の書き込みなどを後方に回す事で一般の人々の目に触れさせないようにしようとという物があります。ただし、現在は一時期よりも工作を行う事に対して消極的な企業などが増えました。 というのも、結局逆SEOというのは指定したサイトのみに対して順位を下げる工作をやるという物で広告としては利益を生む可能性がありませんし、本当に悪評の場合コピペなどにより大量に出回るため対応のしようがないためです。 そこで昨今では特定のURLの順位を下げるのではなく、特定のURLを上げる事SEO工作を行う事で逆SEOとする手法が中心となってきており、今後もこの流れは続くと思われます。

行う際の注意点について

逆SEOを行う際に大事なのは、その逆SEOが本当に必要で効果があるのか考えるという事です。 例えば商品の不具合などによるパッシングの場合、一つのサイトの順位を下げても他の利用者が口コミを書けば鼬ごっこですし、企業の問題などに対する書き込みなどは社会が注目する案件であればコピペなどですごい勢いで広がっていきます。 逆に企業の名誉を棄損するような事実無根の書き込みであったり、社員個人の名誉棄損などの犯罪行為であればプロバイダー等に連絡して削除してもらったり悪質な場合は警察や弁護士に相談するという方が確実性があります。 このように「あえて工作をしてまで特定のURLを下げる」という事を行う必要性というのは特殊な条件でしかありえませんし、最近ではSNSなどを駆使してポジティブな情報を上に出すSEOの応用が主となってきているので、逆SEOを行う必要をしっかりと考えて利用するようにしましょう。

Copyright© 2015 音楽からホームページまで出来るインターネット│エンジョイネット All Rights Reserved.